カテゴリ:手作り( 7 )
キワカンナ
d0148647_17245179.jpg
くし型の際鉋(きわかんな)。
溝や段差を彫るのに使います。

手ぬぐい用の額を作ろうと考え、色々と試行錯誤しています。

d0148647_17251595.jpg
額の内側に入れる段差を、この際鉋とヤスリでやってみました。
本来、電動工具のトリマーを使えば、あっという間に綺麗に削れます。
でも、トリマーは作業時に大きな音が出ます。
そして、木屑も粉もたくさん出ます。

店内が白い粉で覆われるのは嫌なので…。
今回はこのカンナでいきます。

鉋を掛けるのは、結構好きです。
シャッシャッと小気味よい音と共に、削られた木がクルクルと巻きながら飛び上がってくる様。
手に伝わってくる、好感触。


店舗では、額に入れて手ぬぐいを展示しています。
それでも今までは、額は販売していませんでした。
やはり手ぬぐいは道具。
使って欲しい。
ガシガシ使って、最後は雑巾として。
そういう考えが強くありました。

その考えは今でも変わらないのですが、
「家に飾っています」
と嬉しそうに語ってくれるお客様も、少なからず。
「額は販売していないんですか」
こういう問いも、連日。
中には、この絵柄をぜひ飾りたいと、初めて手ぬぐいを買われるお客様も。
手ぬぐいとの出会いはそれぞれ。
付き合い方もそれぞれ。

そこで額を販売しようと考えたものの…。
手ぬぐい自体は手ごろな値段なのに、手ぬぐい用の額は高いのが現状。
「価格が抑え目なモノもあるが、見た目がチープ。」
こんな話も伺います。

うちのお店に飾ってあるのは、他の手ぬぐい屋さんで製造しているもので、見た感じも良く、お客様にもウケが良いようですが、一万円します。
手ぬぐいの十倍ですから、やはり高いように思います。
もっと気軽に買える値段で、好いものを作れないか…。

そうなると、やはり自分で作るしかありませんよね。

モノを作るの大好きなので、もちろん楽しんでやります。

その内に、試作品が出来たらアップします。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-11-17 17:30 | 手作り
飛鯉の透かし板
d0148647_22302078.jpg
行灯の透かし彫りを作る前に、試し彫りした板。

d0148647_22303967.jpg

A4サイズで厚みは1.5センチ。
壁掛けや、飾り棚などの上に立て掛けても好いかもしれない…。
和室はもちろん、シンプルな部屋に一つあるだけで、和の雰囲気が漂うように思えます。

ジャパニーズモダンなデザインで、いくつか彫ってみようかな。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2008-10-13 12:47 | 手作り
ゆる波Tシャツ
d0148647_17181025.jpg
暑くなってきましたので、Tシャツに摺り込み染め(ステンシル)をしてみました。
d0148647_1719065.jpg

カエルとウミガメの型紙を彫り、ステンシル用の筆とスポンジを使います。
染料を少なめに筆にとり、筆先を回すように柄の淵から摺り込んでいきます。
柄の中心部はスポンジに含ませた染料を叩く様にのせていきました。
d0148647_17193058.jpg

試しに染めたカエル柄…どうも三匹は多かったかな。
バランスがとれてませんね…。

今年の夏は、ゆる波Tシャツをデザインし、作りたいと考えています。
その際には、摺り込み染めではなく、普通のTシャツと同じようにプリントで作ります。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2008-05-25 17:15 | 手作り
格子行灯の灯り 2
d0148647_335142.jpg
以前にブログに載せた格子行灯を作る前に、試作として作った行灯です。

随分と前に作ったものです。

色々な格子のパターンを実際に見てみたかったので、格子を八面とれるようにしました。

d0148647_343843.jpg
透かし彫りは帯状にして、こちらも八枚彫りました。

かきつばた・朝顔・笹ゆり・椿(画像なし)に、

d0148647_35416.jpg
額あじさい・かたくり・蓮・桜の八枚です。


格子も手こずりましたが、透かし彫りも大変でした。

残しが一ミリないところなどは、下手に糸ノコの歯を引っ掛けたりすると、簡単に折れてしまいます。

現に、初めから彫り直したものもあります。

やすり掛けも慎重にやらないと、パキッと悲しい音が響きわたる結果に…。


桜と蓮は、正面から見ると細かな点が江戸小紋のように見える様に、0.2ミリのドリルで穴を開けて点描写にしてあります。

桜は花びら、蓮は葉っぱが浮かぶようにしました(写真では分かりませんが…)。


この行灯かなり縦長で、高さが53センチ、幅が21.5センチです。

材は全てヒノキ。

塗料には柿渋を使いました。

釘は一本も使わず、ホゾを切って組みました。


試作で作りましたが、時間と労力がたっぷり掛かったので、手放せない一品になりました。 

※それでも、実際は既にほこりが被っています。本当は作りたいだけなのかも知れません…。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2008-03-18 03:03 | 手作り
格子行灯の灯り
d0148647_1611231.jpg
数年前に作った行灯です。

アロマポットの灯りを見てたら、久しぶりに灯を入れてみたくなりました。

d0148647_162125.jpg
四面ある透かし彫りには、麻の葉・桜・青海波・七宝をあしらいました。

他にも行灯は幾つか作っていますが、これが一番のお気に入りです。

格子にはかなり手こずりましたが、0. 数ミリまで測ってきっちり組みました。

d0148647_1624780.jpg
その昔「この国の家は紙と木で出来ている」と欧州の人達は驚いて帰ったそうです。

確かに驚いたでしょうね。石造りが主な国が殆どですから。

それに歴史上、紙と木をこれほど巧みに使いこなしたのは日本人だけでしょう。

d0148647_1644445.jpg
障子や祭りちょうちん、行灯に代表されるように、日本人はことさら紙から透けてくる光が好きですよね。

もちろん、私も大好きです。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2008-01-03 09:59 | 手作り
カエル店長!
d0148647_1625598.jpg
ゆる波では度々登場する、木彫りのカエルです。

もちろん私が彫りました。

d0148647_16265978.jpg
大きさは4センチ弱。

素材は桂で、塗り物はしていません。

ピカピカに成るまで磨きました。

d0148647_1625458.jpg
後ろ姿はこんな感じ。


d0148647_16274551.jpg
巨大化!


d0148647_16283496.jpg
相方はカエル店長と呼んでいます。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2007-12-30 06:22 | 手作り
武士の一分は…
d0148647_1646346.jpg
昨日作った手ぬぐいブックカバーで、単行本サイズです。


小説を読むように成ったのは三十歳を過ぎてからの私です。

それでも色々な本を読んできました。

中でも藤沢周平さんの描く世界が好きです。


そういえば、近々「武士の一分」がテレビで放映されるようですね(確か…)。

未だ観ていないので、是非観たいと思います。

原作となった「盲目剣…」は読んでいるので、山田洋二監督がどのように味付けしたか楽しみです。

主演の木村拓哉君とは千葉の海でサーフィンしている時に、何度か会っていますが好青年でした。

一度ボードをぶつけそうになり、ヒヤリとした経験もあります。

「スミマセン」と詫びたら、気さくに手を振りながら笑顔を見せてくれました。

男ながらに「格好いいなぁ」と見惚れました。


しかし、映画は別です。

是非、期待を裏切らないで欲しいと望みます。

楽しみです。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2007-12-25 02:36 | 手作り