カテゴリ:散歩・散策( 36 )
今朝の通勤散歩
d0148647_1348249.jpg

今朝も一駅手前の北鎌倉で下車。
亀ヶ谷切通にて、タチツボスミレを発見。
まだ花期には早い筈。
一輪しか見あたらなかった。

d0148647_13502767.jpg

楓にメジロ。
撮影してても全く逃げず。
更にもう一羽きて、何か話していました。

d0148647_13513970.jpg

柚子と蔦。
すっかり葉が落ち、ガッチリと壁を掴む姿があらわに。
[PR]
by yurunami6 | 2012-12-14 13:46 | 散歩・散策
鎌倉の魅力
d0148647_18234976.jpg

今朝は北鎌倉で下車し、大仏・葛原ヶ岡ハイキングコースを通って通勤。
浄智寺脇から入り、ずんずん登って源氏山公園へ出ました。コースでは大仏まで行くのですが、私は出勤なので寿福寺裏から降りて来ました。

d0148647_18252440.jpg

通勤に使うにしては、素敵過ぎる道達。

d0148647_1828216.jpg

d0148647_18283244.jpg

見下ろす由比ヶ浜ギラギラ輝いてます。
d0148647_18291915.jpg

今までは海やお寺を中心に鎌倉を楽しんできましたが、山歩きもそうとう楽しいですね。
また一つ、鎌倉の魅力を知った気がします。
[PR]
by yurunami6 | 2012-12-08 18:22 | 散歩・散策
鎌倉獅子舞渓谷の紅葉
d0148647_16421033.jpg

鎌倉の紅葉名所「獅子舞渓谷」へ。
渓谷と言うだけあってこういう道を登って行きます。
滑るので足下注意です。

d0148647_16485388.jpg

ヒンヤリした空気の中、陽に透けるシダが美しい。

d0148647_1752087.jpg

楓の群生地に到着!

d0148647_16532518.jpg

素晴らしい紅葉。
赤色だけの紅葉もいいが、多彩な色が混在している方が、なんとも味わい深い。

d0148647_16544742.jpg

燃えるよう!

d0148647_1655428.jpg

銀杏と楓の落葉が混ざり積もる山道。

d0148647_16571622.jpg

なんとも贅沢な時間でした。
鎌倉獅子舞渓谷。
また来ます。

d0148647_16572745.jpg

古都鎌倉の街を遠くに観ながら、一休み。
汗かいた。
いい運動になるな。

d0148647_16584977.jpg

お寺などの紅葉とはまた一味違う、野趣あふれる感じがとてもよかったです。
[PR]
by yurunami6 | 2012-12-07 15:12 | 散歩・散策
鎌倉明月院の紅葉
d0148647_17305695.jpg

通勤途中で明月院へ
d0148647_17314524.jpg

鎌倉の紅葉もピークに
d0148647_17323467.jpg

d0148647_17323451.jpg

d0148647_17334419.jpg

明日は鎌倉随一の紅葉名所と称される「獅子舞渓谷」へ行ってみます。
[PR]
by yurunami6 | 2012-12-06 17:28 | 散歩・散策
二度花
数日前の朝の散歩。

d0148647_1713557.jpg
英勝寺の掲示板に写った、自分達の姿。ムスコがお腹にへばり付いている。
最近ではすっかり重くなって来たので、このスタイルで散歩に出ています。

d0148647_1713564.jpg
寿福寺脇の小路を入ると、落椿が地面に咲いていた。
綺麗な姿のままで、ボトリと花ごと落ちてしまう椿。

その姿が「首が落ちる様」と侍には忌み嫌われた。という説が頭に残っているからか、こうして出会うとなんだか少し、ドキリとする。
それでも、江戸時代には将軍をはじめ多くの人々から愛されていたようです。

d0148647_17143835.jpg
空を背後に咲き誇り、地に落ちてなお咲く、二度花。
個人的にはそんな印象です。
とても好きな花の一つ。

d0148647_1715541.jpg
椿の向こうに梅が。
辺りを漂う甘酸っぱさ、小振りで華やかな花弁達。
もうすっかり見頃ですね…。

新作の白梅手ぬぐいは、三月の二日頃に染め上がってくるそうです。
梅は比較的に見頃が長い花ですが…。
普通は花が咲く前に売り出すものですよね、こういうのって…。
まあ、仕方がないですね。
届いたらブログにもアップしますので、いちおう期待をしてみて下さいね。

d0148647_17161128.jpg
梅の花木にとまって、しきりに蜜を啄ばんでいたのはヒヨドリかな。

d0148647_17164126.jpg
家の近所を回る短い散歩コースですが、こんな所もあるのが実に鎌倉らしいです。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/ ※ケイタイには対応していません。
[PR]
by yurunami6 | 2010-02-27 17:22 | 散歩・散策
今日もいい天気
d0148647_052032.jpg
自転車で亀ヶ谷切通しへ。

大船へ行くには、普段は鶴岡八幡宮脇の鎌倉街道を利用していますが、今日は気分を変えて亀ヶ谷切通し越え。

秋色が濃くなってきた鎌倉を、味わいながら行こうという心もちです。
が、行ってビックリかなりの上り坂。
もう何年も前に、北鎌倉側から越えて来たことはありましたが、鎌倉側からは初めて。

「一度も足を着かずに、この坂を越えてやるっ」と意気込んでペダルを踏み始めたものの、わずか十五メートルほど登って心折れ…。
「せっかくだから、のんびり行こう」
などとカメラを取り出して、自分を甘やかす。

d0148647_0525263.jpg

d0148647_0534553.jpg
両側は苔むした岩肌がそそり立っています。
d0148647_0541417.jpg
椿か山茶花かは分かりませんが、覗ける青空に赤一点。

d0148647_0545020.jpg
これは昼顔が色付いたものかしら。
好い色です。

d0148647_0553211.jpg
ミツバチも忙しく蜜を吸っています。
この木の周りには、かなりのミツバチが飛んでいますが、いったいどんな香りの蜂蜜が出来上がるのだろう。


亀ヶ谷切通しを抜けて北鎌倉へ。
あとは大船までゆるい下り坂が続きます。

気持が好い日の自転車は、自然と鼻唄がまじります。
今日は先日特番をやっていたせいか「サザエさん」の歌だった。
「おさかな咥えたどら猫~」のお馴染みの唄。
「買物しようと町まで 出かけたが 財布を忘れて 愉快なサザエさん
みんなが笑ってる 子犬も笑ってる ルルルルルル 今日もいい天気」
特にこのフレーズがリフレインしていた。

「サザエさんは随分とオッチョコチョイだなぁ」
などと独りごちながら、気分よく大船のコーナン(ホームセンター)へ到着。

そこで気付きました。
「藤沢へ行くんだった…。」

家を出た時点から、方向が逆だった。
根本的間違い。

かなりなオッチョコ…。

d0148647_056233.jpg
ル~ルルルルッル~ 今日もいい天気~。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-11-28 01:02 | 散歩・散策
あ・うん
d0148647_17124086.jpg
鶴岡八幡宮への参道。
桜で有名な段蔓のはじめにある、二の鳥居。
その両側に座っている、大きな狛犬。

d0148647_17131072.jpg
狛犬は「あ」と「うん」の口をしていますが、まずは向かって左側の「うん」と口を閉じている狛犬。
前から感じていたことですが、この狛犬何だか嬉しそう。

そしてそして、向かって右側。
「あ」の口をした狛犬。

d0148647_17142225.jpg
完全に「あ」ではなく「あはは」って笑ってる…。

キュートな狛犬達。
ぜひ観てみて下さい。

なお、鎌倉物語(マンガ「三丁目の夕日」と同じ作者)では、この狛犬達は鎌倉の犬達の大将という事になっています。
犬達の相談にのったりしてくれます。

なんだか楽しい二匹は、全て前向きに答えてくれそうです。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-10-13 17:16 | 散歩・散策
鎌倉散歩 海蔵寺から化粧坂へ
d0148647_4353248.jpg
リスとばったり!

銭洗い弁財天裏の小路。
別の被写体を狙ってカメラを構えていた私の真横に、「バサバサッ」とけたたましい音と共に現れた彼。
「うっ…」という声を飲み込む程の近距離。
手を伸ばせば、ほっぺをムニーッとつまめる距離。

向こうも、こんな所に人がいるとは思いもしなかったのか、しばし二人静止。
直後、ドッタンバッタンと去っていった後姿を観るに、彼も相当ビックリしていた様子。


先週のよく晴れた日。
ここのところ、自転車に乗るか、波に乗るか。
そんな生活をしていたので、久しぶりに歩くことにしました。

トレッキングシューズを履いて、いざ散歩。
d0148647_4371260.jpg
まずは家から一分、寿福寺の参道。
以前のブログにも書いていますが、天気の好い日は寄りたい場所。
d0148647_4412746.jpg
木漏れ日万歳。

そこから線路沿い、英勝寺前を通って鎌倉山荘へ。
山荘脇の小路が、亀ヶ谷切通し?

小路に入る場所に道しるべがあり、海蔵寺やら化粧坂切通しやらへの距離と方向が書かれています。
それを観る限り、この小路が亀ヶ谷切通し。
と見えるのですが、確か北鎌倉から扇ガ谷へおりてこれる道が、亀ヶ谷切通しだったような…。

よく分かりませんでしたが、いまだ通ったことが無い道だったので、進んでみました。
d0148647_442211.jpg
道に面した家の門上に、シーサーと猫。
めったに人が通らないのか、煙たそうに睨まれてしまいました。

それもその筈、道を進むとこんな状態に…。
d0148647_450189.jpg
これを登って行くと、源氏山に登れるのかなぁ…。
と思いつつ、迷わずUターン。

ちょっとお散歩、で行く道じゃありません。

そのまま足を伸ばして海蔵寺へ。
d0148647_4505836.jpg
こちらも茂っちゃってます。
山門前の階段を覆っているのは、萩です。

ここでまさかの事実が。
拝観時間は9:30からとのこと、このとき8:50…。

ガックリと肩を落としながら、山門脇にある底脱ノ井(鎌倉十井のひとつ)をよく覗いてみると。
d0148647_4513944.jpg
おたまがいっぱい。
小さな後ろ脚が生えてきています。

しばし注視。
このまま40分、おたま観賞を楽しむか…。


来た道を引き返し、途中で化粧坂切通しへ入りました。

その途中、出会った花達はこちら。
d0148647_4523186.jpg

d0148647_453156.jpg

d0148647_4535133.jpg
このつぼみが
d0148647_4541863.jpg
こうなって
d0148647_4544623.jpg
こうなる!


長くなってしまったので、化粧坂より先はまたの記事でアップします。


* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-09-03 04:46 | 散歩・散策
鶴岡八幡宮の蓮の花 
気付けば、半月ぶりの更新になっていました。

今日、関東地方に梅雨明け宣言が発せられましたね。
いよいよ「夏」です。
今朝もサーフィンに行って来ましたが、海パンでするサーフィンは、とても気持ち好いです。

さて、蓮です。
d0148647_16402930.jpg

鶴岡八幡宮の蓮の花、咲いています。

d0148647_16404619.jpg

一面の蓮の葉から、所々にキリリと鮮やかなピンクと、凛とした白花が顔を覗かせています。

d0148647_16413950.jpg

水を弾く蓮の葉。

d0148647_16411433.jpg

群生すると、まるでキャベツ畑か。

d0148647_16422351.jpg

レンコンを思わせるような茎の断面。

蓮は本当に面白い植物ですよね。

花・葉・茎・根・蜂巣。
どこも個性が強くて、惹かれます。
食べても美味しいですしね。
レンコンのはさみ揚げは、好物です。

d0148647_1642415.jpg

蓮を愛で、昼ごはんを食べた帰りに、花屋さんへ寄って蓮の花を購入してきました。
相方は蓮の葉っぱと、旬のホオズキ、それにひょうたんも。

d0148647_16425856.jpg

さっそく葉に水を乗せて、フルフルと遊んでました。

で、二人で活けたのがこちら。

d0148647_16441136.jpg

なんだか笑えます。
蓮の葉に鎮座したひょうたん。
遊び心と言えばそうですが、なんだか間が抜けててとても気に入りました。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-07-14 16:59 | 散歩・散策
海蔵寺で出会った生き物達
海蔵寺の門前。

何かが頭上で動いたのを感じて、見上げるとリス。

d0148647_2191372.jpg


鎌倉ではよくある光景。

本当に身近に暮らしています。


d0148647_220959.jpg


ナデシコを接写していると、その向こうにトカゲ。

ジッと動かずに、こちらを凝視。

はじめは全然気付きませんでした。


d0148647_2205086.jpg


写真の整理をする為に、本堂手前の腰掛に座ろうとしたら、セロハンのような羽が光を弾いていました。

ヤゴから脱皮したばかりらしく、羽を乾かしてしる様子。

d0148647_2213912.jpg


未だ飛べないようなので、かなり近くまで寄らせていただきました。

羽の輝きが素晴らしい。

これからグングンと空を飛び回る様子が、目に浮かびます。

d0148647_2221818.jpg


バッタ。

久しぶりに会いました。



海蔵寺で出会った生き物たち。

他にも蝶や鳥など、沢山いました。

ウグイスは寺に居る間、ずっと身近で鳴き続けていました。


鎌倉は本当に鶯が多いですね。

ただ、未だ姿を見れていないのが残念ですが。


海蔵寺は花の種類も豊富でしたが、生き物達もあふれていて、素敵なお寺でした。

こじんまりとしているのも、また好かったです。

本堂裏の「心字池」のある庭園が、もっと観れたらいいんですが。


最後に境内の南の隅、岩窟内にある十六井戸を見に行ったのですが…。

「ブーン…」

と、大きな羽音に思わず身が竦みました。

大スズメバチ(たぶん)です。

かなり離れているにも関わらず、羽音が聞こえるほどの大きさ。

岩窟入り口付近をずっと飛び回っていました。

※さすがにハチは撮れませんでした。


おかげで十六井戸は見れず…。

家から近いので、次の機会に拝見させてもらいます。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-06-19 02:33 | 散歩・散策