<< あ・うん カマキリ来襲 >>
隠れた努力?
秋の長雨が台風と共に過ぎ去り、秋晴れな日が続いていますね。

散歩がてら自転車でブラブラ。
好い気候です。

若宮大路を少し海へ向かった左手にある、鎌倉女学館。
その裏手、滑川に架かるえんま橋の上。

d0148647_1651375.jpg
両岸を覆う緑が目に心地よく、自転車を降りた。
川中に大きな鯉の姿を数匹見付け、一人覗き込む。

鯉の姿を追っていると、すぐに夢中に成ってしまうたちな私。
ちなみに相方も同様の性質で、「なぜにお麩を持って来なかったんだ」と悔やむこと数知れず。
常にお麩を常備している人は、まずいないでしょう…。

揺れる水面を見続けてしばらく、気付けばランドセル姿の子供たちが、私の右手に並んで水面を覗き込んでいる。

彼らからすれば、いつもの帰り道。
緑豊かな川の流れも、鯉の姿も珍しくは無いはず。

どこぞのオジサンが、自転車を停め、夢中で川面を覗き込んでいるので、何事かあったのかと思ったのだろう。

川に何かあるの?
とかこちらに聞いてくれればまだ好いものの、この少年たちは何も口にせず、ただジッと水面を覗き込んでいるだけ。

無言の沈黙…。
なんだか、急に居づらくなって来た私が、そそくさと退散。


d0148647_16524984.jpg
自転車でそこいらをブラつき、踏み切りへ来たところで、再び少年たちと遭遇。
そこで不思議な光景に出会った。

d0148647_16532044.jpg
踏切が閉じている間中、なんと彼らは腕立て伏せを継続していた。

ぶあつい胸板が欲しいのか?
それとも近くの女子達へのアピールなのか?

ランドセルには教科書やノートなどが入って、重たいだろうに。
それも負荷のうちかな。

とにかく、競うように腕立てを続けた彼らは、踏切が開くと何事も無かったかのように、帰路について行きました。

ちょうどニュースで、下がり続けてきた子供達の体力が、ここへ来て上向きに…。
なんて報じられていました。

近年の子供たち、実はこうした隠れた努力が…?
実にたくましい。



* 手ぬぐい ゆる波 ネットショップ * 
http://www.yurunami.jp/
[PR]
by yurunami6 | 2009-10-13 16:57
<< あ・うん カマキリ来襲 >>